くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

バターコーヒー&糖質制限ダイエット


始める詐欺を繰り返してきた、ダイエットをついに4月より開始しました。
最近、いかに日中の仕事のパフォーマンスの本読むのですが、人は精神>肉体みたいな錯覚に陥りがちですが、肉体が大部分精神やその日の気分、仕事パフォーマンスを規定するということに齢30歳直前になって気が付きつきました。

確かに自分の人生の中では記憶力や理解力のいい時期って痩せていたし、痩せている方がモテたし人生充実していたなと。そして、10年以上続けてきたライフワークの献血を肝臓の値が高すぎて断られるという事態に直面したのはかなり衝撃でした。
運動メニューは現在も試行錯誤中ですが、取敢えず食事メニューを変更。

■ 朝食
・バターコーヒー
・ミックス野菜(カット済のものをスーパーで購入)
(空腹感があれば、プロテイン+オオバコ)

バターコーヒーを取り入れてから本当に午前中の調子がいいし、13時~14時までノンストップで仕事できる印象。9時始業で12時にランチを食べるというサラリーマンの習慣が元々おかしいのかもしれません。

■ 昼食
・プロテイン+オオバコ 
⇒ 食事は摂らずに昼休みは昼寝か読書して午後の睡魔を回避。

■ 夕食
・蒸し鶏
・プロテイン+オオバコ and more
推し事でカフェに行くことも多いので、夕食には特段制限を設けず。但し、蒸し鶏とプロテインで運動の回復に必要な蛋白質と満腹感は得ておく。アルコール制限とか、塩分完全カットとか長続きした試しがないし、寧ろ一度タガが外れると反動がすごいのでそこはむしろ制限しないのが長続きしている要因。満腹感と塩っけがあれば、コメやパンは完全に抜いても、全くストレスはなく生活は、送れますね。

4月からスタートして体重は80kg⇒75kgへ5kgダウン。ジム通いで筋肉着いた部分もあると思うので、中々順調にきている気がします。骨格筋が大きいので細身になるのは難しいですが、膝への負担も考えると、70kgは夏までに切るのが目標。記録する方が長続きするので、今後も経過を書いていこうと思います。

スポンサーサイト
  1. 2016/05/26(木) 11:32:50|
  2. other
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

推しの生誕祭を終えて ゆんるる合同生誕 20160430

Tokyo Candoll準決勝が4/27で、今年は推しの生誕が4/30という今年はなかなかタイトなスケジュール。4/27まではメンバーもファンもCandoll一色でしたが、4/28からでは間に合わないので粛々と準備。Candollがパリ行きを懸けた戦いならば、生誕はオタクの見栄と意地を懸けた戦いなので。

ファルマチスタの本拠地であったアキドラが無くなったわけですが、その直前にイベント営業で生誕が出来てホント運営さんGJでした。

ゆんるる合同生誕ということで、るるともチェキを撮影して生誕の要望を聞きましたが、るるとあんなに短期間でチェキをたくさん撮ることは二度とないのでしょうね。

生誕当日は他現場だとファン側からのプレゼント贈呈やアンコールがあり、中々気楽には見ることができないものですが、花束贈呈もメンバーに全てお願いしていたので適度にアルコールを楽しみながらじっくり眺めていました。特に、ゆんのバレエ披露時の胸元は凝視←
るるもアイドルになるまでの苦労話や、生誕への想いを聞くことができて胸にこみ上げてくるものがありました。そう、前日の二日酔いです。

前の前の推しは生誕準備していたら生誕やらずに卒業、前の推しは私が生誕委員長放り投げて出禁と、地下の生誕に対する苦手意識は尋常ならざるものがありましたし、異国を応援して半年弱であまり出しゃばりたくはないので正直気が進まなかったです。結果として、同じ推しの方とも話す契機になったし、メンバーからも感謝の言葉を頂けたのでやって良かったと思います。

生誕やると大体燃え尽きる性分ですが、今後は燃え尽きない程度に後方3列目くらいでコミュ障を発揮しながら彼氏面で応援しようと思います。
最前に行かないのは酔っ払ってサイリウム無くした訳ではないですよ←


  1. 2016/05/25(水) 11:36:58|
  2. hobby
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tokyo Candoll2016観戦記録

Tokyo Candollが今年も終わりました。昨年は某麻雀アイドルを応援してフランスTシャツを着ていましたが、今年はアキドラ発の異国のファルマチスタを応援しながら眺めていました。

運営もメンバーも大会の存在自体ご存じなかったので、「出ませんか~」「パリ行こう」と新宿Reny名物モルツ片手に物販で煽ったら、3日後くらいに「エントリーしました」とのtweetを見て冷や汗でした。
こういうシビアな賞レースにでることはいい緊張感で目標を持てるし、動員や得票を増やすにはどうするかを真剣に考えるいい機会ではあるし、決勝まで行けば箔がつく一方で、万一にも一回戦敗退でもしようものならかなりレピュテーションリスクがあるので。

正直、一回戦前のライブは盛り上がりに欠けるところもあったし、相手も未知数だったので、一回戦敗退もあると思っていました。正直3位までで呼ばれなかった時点で、Jeanne MariaとPimm’sが呼ばれてないので「終わった」と血の気が引くのが自分でもわかりました(笑)
2位でファルマチスタの曲が流れた時は久々に目から汗が。
メンバーがそれぞれ集客の為に工夫してShowroom配信したり、DMM.Yellのイベントへ参加したり、ホントに3ヶ月の間で成長したなと感じた充実した時間でした。二回戦や準決勝はワンマン以来の盛り上がりでしたし、メンバーから「出場を提案してくれてありがとう」って言われた時はまた泣きそうでした。年を取ると涙もろくなりますね。

最終的にはファルマチスタは準決勝敗退でしたが、決勝進出が目の前に見えてきただけにファンの側が策を弄し過ぎたことが完全に裏目に。パフォーマンスが良ければ上に進める大会ではなくて、ファンが入場した時点で結果が決まる動員戦略ゲームに貶めてしまったのは本当にメンバーに申し訳なかった。短期の利益重視で変な行動すると、信用やらいろいろ失うものがあると教訓にもなった準決勝でした。個人的にはできれば、負けて悔いのない戦いをしたかったし、ここが通るのであれば文句はないというアイドルに投票したかったです。

来年も同じ大会があるのかはわからないですが、敗退したアイドルが悔いの残らないような戦いを通じて成長できる大会にできれば、大会の価値は上がるのかなと思います。現状のルールでは、イベントの集客的には大成功だろうけれど、「海外に出しても恥じない日本のアイドルを選ぶ」という本質を運営もファンも見失い過ぎている気がしてならない。

大会終わって祭り後の喪失感が凄いですが、少なくとも来年までは大会はないわけで、終わったことは忘れて、代わりとなる目標を設定しながら各アイドルには頑張って欲しいですね。



  1. 2016/05/24(火) 11:39:15|
  2. other
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』デイヴ・アスプリー

シリコンバレーの有名ハッカーが、自分の身体を実験台に30万ドルと15年のコストを費やして編み出した食事法。

要約すると
① 野菜たくさん(いくらでもOK)
② タンパク質と脂質たくさん(良質な脂質ならOK)
③ 糖質は少な目、摂取する時間も制限

いわゆるローカーボンダイエットとあまり内容は大差ない内容。理系のIT長者が著者らしく、カビの話や町内最近の話など理系知識が満載で正直読み飛ばしました。菌の知識に明るい方は、そこを理解した上でダイエットを実行に移せば、強いモチベ―ションになるのかもしれません。

最強の食事レシピを再現しようと思いましたが、あまりにもコストがかかるので断念。
素材には大変お金がかかるので、かなり食事に投資できる人間でないと実行は難しい。下手をすればLIZAPに通うよりもコストはかかるのでは。

唯一実行に移して継続しているのが「完全無欠コーヒー(バターコーヒー)」。良質なコーヒーにグラスフェッドバター(無塩)とココナッツオイルを入れて朝食代わりにするもの。
スーパーでは売ってないし割高なバターですが、これを始めてからは本当に午前中のパフォーマンスが向上したのは実感。時間のない朝にさくっと用意ができるのと、8時に飲んで14時頃まで脳が冴えるのは独身のサラリーマンとしては非常にありがたい。

毎日0.5kg痩せるかはダイエット開始当初の体重次第ということでしょうか。(100kgの巨漢が断食すればそれくらいは痩せるでしょうが)

最近ローカーボン系の本に嵌まっていますが、最終的に重要なのは無理をしないことと自分の生活習慣に合わせること。本に書いてあるメニューがどんな人間を対象にしているかを考慮しないとひどい目に遭います。週2でジムに通い、時々草野球をする人間にこの手の本のメニューは圧倒的にタンパク質が不足。ローカーボンを導入した当初は筋肉痛が1週間抜けないので、重篤な病気かと勘違いしていました。
満腹感の伴わない無理な食事制限も、結局リバウンドするので、タンパク質と野菜を多めに摂取して満腹感は維持しつ、味付けや料理の手間を工夫して習慣として日々の生活を回していくのが肝要ですね。


  1. 2016/05/23(月) 11:34:52|
  2. reading
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『アイドルとヲタク大研究読本』ぺろりん先生

推しが欲しいとのtweetをしていたので、推し用と自分用を購入。
Amazonだとチェキ用クリアファイルが、でらなんなんではポストカードが特典でついてきました。

ぺろりん先生人気にあやかって、イラストをベースにオタクを揶揄する本かなと甘く見ていました。実際に読んでもいると、良くつくりこまれていて、各アイドルの本音や狙いが赤裸々に語られているし、最後の最後でほろりとさせるところもあり、構成として完璧でした。アイドル文化を語る本は著者や編集者の考えの押しつけに近いものが多いけれど、この本はアイドルとオタクの関係性を少し引いた視点から捉えている。

勿論ぺろりん先生のイラストやオタク解説も充実しており、ブラックなネタもふんだんで読み始めると止まらなかったです

地下からスタートして、今は第一線で活動するアイドルのインタビューを見ていると、SNSの使い方やライブでのレスなどファンとの接点について自分なりの狙いや意識を持っているアイドルが強い。一部のアイドルを除いて、どのアイドルもその境地にたどりつくために相応に経験と芸歴を積み重ねているし、その為には運営もファンも5年くらいのスパンで大きな目標を目指していくようなサステイナブルな体制をつくる必要性はあるのだろうなと感じました。


日本には5,000人以上のアイドルがいるらしいですが、多くのアイドルがこの本を読むことで、各人が重く受け止めるところは異なるにせよ、オタクとアイドルの関係性はより良いものになっていくし、日本アイドル産業が文化としてより洗練されたものになるじゃないかと思います。推しには是非すぐ読んでほしい。


  1. 2016/05/22(日) 09:28:53|
  2. reading
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地下アイドルと繋がり

地下アイドルを本格的に応援するようになって、2年強ですが、本当に最近良く思うのはファンと繋がって辞める地下アイドルが本当多いということ。
地上ではチェックで個人情報渡すのは至難の業ですが、地下だとそこをチェックすることに人のリソース割けないのでしょうね。
それなりいい年齢のおじさんがアイドルと繋がった話もあると聞いて驚愕したことも。買い物につきあうなどキャバクラの同伴に近いですが(笑)

アイドルも人間だし、ファンの視界に入らない所でやって頂く分には全然OKですが、時間とお金をかけて応援しているファンへの最低限の礼儀としてファンにはばれないというところは徹底して欲しいと思います。
ばれるとその現場への悪いイメージが付くし、他のメンバーとファンに迷惑がかかる。自分が売れて欲しいと熱心に応援しても、将来繋がりで辞めるリスクがあるアイドルを本腰を入れて応援する程暇な人はいないと思うので(繋がりたいファンは別ですが)。
私がアイドルを応援するのはそのアイドルが上を目指す姿を応援したいからであって、上を目指す覚悟のないアイドルの繋がりがばれた場合はアイドルもファンも結構容赦なく叩こうと思いました。
アイドルもアイドル続けて繋がりたいなら、繋がる相手が秘密を守れるかちゃんと判断した方がいいと思いますよ。繋がる子はばれても後悔しないのかもしれませんが。

なんて意味深なことを久々のブログに書いてみました(笑)


  1. 2016/05/01(日) 11:28:21|
  2. hobby
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0