くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル

【あらすじ(公式HPより)】
トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)。
「カオルちゃん、あのウサギは元気?」
竹本という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。
丑嶋の盟友の情報屋・戌亥や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎と高田、心優しい受付嬢・モネ、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟に加え、女闇金・犀原茜と部下の村井も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰とその部下・あむ、美容界のカリスマ・万里子も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。
丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か? 絶望か、希望か?

【感想】
シリーズで一番暴力的描写が多い作品でえぐい描写は多かった。その分、なかなか感情移入はしづらく、余り頭を使うこともないので、物足りなさはあった。丑嶋や江崎のバックグラウンドにフォーカスしているので、シリーズとして見てきた人を対象にしている作品か。キッズリターンもそうだが、モロ師岡は本当に悪い先輩の役が似合うし、六角精二や八嶋智人など、この人がこの役ででて本当にいいのかというハラハラ感はあった(笑)
頭を使う話ではないが、消費者金融の社会問題化⇒グレーゾーン金利判決⇒過払い弁護士の発生という消費者金融を巡る流れや、銀行系消費者金融しか生き残れない業界環境、規制強化(過度の保護主義)により借りたい人がまともな業者から借りられない現状等にも触れていて、零細業者の地道ななど話の本筋とは関係ない各登場人物の何気ない発言に含蓄は感じられた。



スポンサーサイト
  1. 2016/11/05(土) 10:50:32|
  2. movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。