くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『オレたちバブル入行組』池井戸 潤

巷で話題のドラマ半沢直樹の原作本。私の周りのバンカーでは「なぜあそこまでヒットするのかよくわからない」という意見が多数な印象でしたが、ここまでヒットするとこのドラマが一般の人々の銀行員に対するイメージを規定してしまうので見ないわけにはいかず。ドラマの前半をキャッチアップするのは無理なので原作で対応。

内定者と話す機会があると、必ず半沢直樹について聞かれます(笑)事実は半沢直樹の世界観よりもエキサイティングな事件もあったりしますが、あそこまでの事件はそうそうありません。


バブル期に大手銀行に入行してその直後にバブル崩壊して美味しい想いはできず、団塊世代の尻拭いをしなければならなかったバブル世代。派閥や出世競争という悪しき風習に翻弄されながらも、知恵と気合と行動力で降りかかった火の粉を払っていくというストーリー。
メインとなる題材は粉飾・不渡りですが、自分の担当先がそのような事態になると担当者はかなりひどい目にあってゲッソリします(笑)

銀行に限らず社会人生活には理不尽なことはあるわけで、そのなかで自分の信念と正義を曲げずに上司たちにリベ
ンジする半沢に、読者は必然的に自己を投影しながらスカッとした気分を味わうことができます。
登場人物のセリフの部分が多くタッチも軽いので、一気に読み終えてしまいました。


統合した銀行からの転職者から聞いたようなあるある話もふんだんに散りばめられていてかなりリアリティのある作品だと思います。さすがに銀行員出身の作者が書いている作品ですね。
M銀行とか、M銀行とか、M銀行とか。メガバンクはすべてイニシャルだとM銀行なんですね。

私は金融機関で働きながらも与信(融資)の経験は一切ないので、融資関連の基本用語やRM(リレーションシップマネージャー)の思考回路の一端がわかって参考になりました。
銀行という組織で上にのし上がるにはフロント(法人融資)での実績は必要不可欠。常日頃、「将来、頭取になりたい。」とルフィばりにDQNな発言をしている小職としては一回いつかは融資で実績を残さないと。
ただ、半沢のような勇気も行動力もないので、より思慮分別のある浅野支店長というような路線を目指すしかないのかと思います。

うちの会社は内部での派閥争いや、浅野支店長や小木曽次長のような出世のためにモラルを捨てる方はいないので、その意味では自分が非常に恵まれているなと感謝しました。
そして、銀行員として守らなければならないプライドとコンプライアンス意識という二つの線を再認識させられました。


銀行員にはどのような人種が多いのか、銀行と付き合いのある財務部の方にもおススメの一冊です。


惜しむらくは、公務員に次いで安定した職業という銀行員への幻想が脆くも崩れ去ってしまいましたね。
私も来るべき婚活に際して、銀行員という看板を使おうと思っていたのですが残念無念。浅野支店長の奥様のような方をお嫁さんに貰うしかないですね。。。

満足度
☆☆☆☆★



スポンサーサイト
  1. 2013/09/24(火) 22:49:13|
  2. reading
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『オレたち花のバブル組』池井戸 潤 | ホーム | 震災ボランティア記録 2013.7.27-7.28>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/133-f37f2321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。