くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『オレたち花のバブル組』池井戸 潤

『オレたちバブル入行組』の続編。おなじみ勧善懲悪の半沢直樹シリーズ。
ただ、銀行という組織は特殊な世界で、かならずしも完全懲悪が機能しない世界であるということは読み進めていけばわかります。半沢の行為にもモラル的にどうなのかという行為は多々あるわけで。


今回のメインテーマは金融庁検査。
銀行には調達コストの低い預金をお客様から預かり、それを法人・個人への融資や投資で運用して利益を上げるという権利を国から与えられています。
特権がある一方で義務もあるわけで、銀行は自己の利益の最大化を追求するのではなく、預金者からの信任に応える(要は損を出さずに安定的な運用をする)必要があります。銀行がしっかり運用できているのか、融資への評価は適切かを判断するのが銀行の監督機関である金融庁による検査。
私は融資の経験はないので存じませんが、金融庁検査があると若手を中心に終電でも帰れず休日出勤というハードな日々が続くのだとか。
融資への返済がなされるのかを評価するには、融資先の将来キャッシュフロー予測をする必要があるわけでして、過去の数字だけでなく事業計画や業界分析、担保価値や経営者の資質など諸々を見て判断しなければなりません。
定量的・機械的に評価できるなら楽なんですが、さまざま要因を加味してその企業について初見の検査官に納得してもらう必要がある。そうすると、資料の準備などに莫大な時間がとられるわけです。
(定量的・機械的に評価できるのであればバンカーやRMなどという存在はいらないのかもしれませんが。)

融資先が要注意先や要管理先、破綻懸念先へ分類されると引当金を積む必要があり、その積立金はそのままPL上マイナスに作用し下振れさせます。金融庁検査でどう評価されるかは、銀行への業績への影響が大きいビッグイシューなのです。

本作品でも派閥や上司の出世欲によって窮地に陥った半沢が、戦略的かつ自分の意のままに発言・行動しながらピンチを克服していくというストーリー。そしてドラマで賛否両論あったように、最後のクライマックスまでがいかにも銀行という内容。
若手銀行員の多くは「自分は出世の階段の上を目指す」という野望を持って入行してくる。出世競争というプライドをかけた戦いと交差する各登場人物の思惑は非常に生々しくもあり細部までリアリティのある内容だったと思います。

プライド、お金、家族、出世、正義。男が仕事で守るべきものが複数あるなかで、各登場人物は自分の価値観に沿って行動していく。銀行員という組織のなかで自分が誰々の立場だったらどう行動するのか考えながら、読み進めていくとおもしろい。

渡真利や近藤とのチームワークや衝突を見て、やはり同期って大事なんだなと再認識しました。同期に限らず同じビジョンや想いを共有できる仲間が会社に何人いるかで、会社でどこまで上りつめることができるかは規定されてくるのでは。


続編の『ロスジェネの逆襲』はまさに小職が現在している仕事がテーマなようなので、もう少し安くなったら読んでみようと思います。

満足度
☆☆☆★★

スポンサーサイト
  1. 2013/09/25(水) 23:21:58|
  2. reading
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BayFM イントロクイズグランプリ反省記録2013.11.22 ~0に100をかけても0~ | ホーム | 『オレたちバブル入行組』池井戸 潤>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/134-9f826965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。