くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

AKBリクエストアワー2012 ネタバレに関する考察

AKBリクエストアワーセットリスト2012はヘビロテの2冠で幕を閉じた。

今回は、SNSを通じて曲順が明らかになってしまったことがネット上で話題となっており、
本件について私見をまとめてみる。

今回の発端は、AKBメンバーと支配人のアップした写真に台本、曲順表が記載されてしまっていたとのこと。
(台本はアップすればわかるレベル、曲順表は人の目では文字数程度しか判別できないが、解析した猛者が登場)

そして、twitter等でAXに関連する用語を検索すると、リアルタイムよりも早い段階で回答がでてしまっていた。
AXはファンの投票により曲順が決まり、自分の投票がどのように反映されるのか、自分の予想が的中しているか
を楽しみにしながら観覧するイベントであり、本件ミスの責任の所在を明確にし何らかの処分はすべきだと思う。

自分が予想Tシャツに書いた内容が、開始前に不的中となったときの虚無感といったらない。。。
わくわく感など2,200円が水泡となった気分であった。


支配人自身は連続でのネタばらしということもあり、謝罪文と何らかの処分を下すことを決定。
これについては、小職としては当然のことであると思う。社会人として、特に連続してミスを犯した場合は何らかの処罰が必要であろう。


しかし、このtweetに対するtwitter上での反応を確認したが、支配人のミスを擁護するものが非常に多く一種の気味悪さを感じた。
擁護する意見としては、
・ミスは誰にでもある
・支配人は過去の貢献があるからミスしても許される
・解析した人間、順位を拡散させた人間が悪い
・戸賀崎批判をした人間に対する批判 
などさまざまなものがあった。


ある程度、同意できる意見もある。確かにミスをしない人間など存在しない。しかし、同様のミスを立て続けにするのは良くないのではないか。
拡散させる人間や解析者への非難もあったが、性悪説に立つからこそメンバーのSNS利用を制限したのであろう。
そもそも漏洩さえしなければ、解析されるおそれなどは無かったであろう。例えば、金融機関が個人情報や重要情報を暗号化した情報で漏洩し、それが解析された場合、真っ先に批判されるべきは金融機関であろう。コンサートの曲順と金融機関の機密情報は性質の違うものであるが、企業にとってそして顧客にとっても重要な情報であることに代わりは無く、安易な流出は許されざるべきものである。


AKBが国民的アイドルとなったことで、AKBを批判することが許されない雰囲気が醸成されてしまっている。
AKBは、ファンからの応援だけでなく苦言も受け入れることで変化し成長したユニットだると個人的には理解している。
「偉大なるイエスマン」でいることも結構だが、適度に批判的・懐疑的な目をもつことも必要なのではないだろうか。


どのようにこの問題を処理するのかAKB運営の見識を見まもりたいと思う。
今までに多くの苦難を乗り越えてきたように、誰も傷つかないような方法で解決するウルトラCを見せてもらいたいものである。





ちなみに、小職の予想。。。。
1.フライングゲット → 4位
2.MIN MIN MIN → 圏外
3.Everday カチューシャ → 2位
4.オーマイガー → 19位 
5.抱きしめちゃいけない → 8位


スポンサーサイト
  1. 2012/01/23(月) 20:34:13|
  2. hobby
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なっちゃん脱退について思うこと | ホーム | SDN握手会感想戦 2012.1.14-1.15>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/16-15e4e6aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)