くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

白ゆき姫殺人事件

会社の真裏に映画館が出来たので平日の昼間に行ってきました。
建物自体も大混雑でしたが、平日の昼間なのにスーツ姿のサラリーマンもちらほら(笑)


あらすじ: 人里離れた山中で10か所以上を刺され、焼かれた死体が発見される。殺害されたのは典子(菜々緒)で、容疑者は化粧品会社のOL城野美姫(井上真央)。テレビディレクターの赤星雄治(綾野剛)は、美姫の同僚、家族、幼なじみなどに取材。典子が美姫の同期入社で、美人で評判だった一方、美姫は地味で目立たない存在だったことが報道され……。

報道をベースとしたネットでの中傷や個人情報の暴露というネット社会の闇を描きながら、人の記憶や思考の危うさに警鐘をならすサスペンス。
事実は一つなんだけれど、それは人の目や思考というフィルターを通すことでいかようにも書き換えられてしまう。しかも、それを伝聞で聞いている以上は、その人が真実を語っているとは限らない。
ネットはワイドショーや曖昧な情報をベースに既成事実を作り、群衆心理で卑劣な個人バッシングを繰り返す。
SNSでのコメントを活用することで、リアリティがかなり高まっていたように思います。twitterは速報性もあり、便利なんだけど、安易かつ誤解を招きやすい分析をしがち。自分自信も反省させられました。

ワイドショーばかり見ていると人は違和感を感じながらも、短絡的なストーリーに流れてしまんですよね。シンプルに考えるというのは楽なんだけれど、必ずしも正解とは限らない。
「浅はかな犯罪・事件」という言葉が使われるけれど、それを喋っている司会者やコメンテンターの発言が一番浅はかで短絡的だったりするという皮肉。


特殊な映像技術を使っているわけじゃないのに、メイクや演技のみでそれぞれの登場人物のフィルターを通した真実をそれぞれ描くというのはすごいと思います。井上真央ってこんな地味だったっけ?って違和感を抱きつつも、それに慣れてきたと思ったら、どんどん別の顔が見えてくるという。

えれぴょんもあの声がいい味だしてて、オフィスにいそうなゴシップ好きOLというのはドンぴしゃでした♪


人の記憶は捏造されるんです…

満足度
☆☆☆☆☆

スポンサーサイト
  1. 2014/03/31(月) 21:09:25|
  2. movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『ルーズヴェルト・ゲーム』池井戸 潤 | ホーム | 「負けてたまるか!!震災との闘い」猪俣隆弘さん講演会 2014.3.14>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/172-e21db804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)