くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

サンブンノイチ

原作が面白かったので、TOHOシネマズ日本橋で鑑賞。


あらすじ(公式HPより)
川崎。ここに人生崖っぷちの3人の男がいる——。
キャバクラ「ハニーバニー」雇われ店長のシュウ(藤原竜也)、ボーイのコジ(田中 聖)、常連客の健さん(小杉竜一)。彼らは人生の一発逆転を賭け、みごと銀行強盗を成功させた。手に入れた大金は1億6,000万円。ハニーバニーの店内で奪った金を3分の1に分けようとするところだ。
しかし、そこで仲間割れが起きる。シュウがコジに向かって、実行犯の自分と健さんが、運転手のコジと同じ取り分なのはおかしい、と分け前の再検討を申し出たのだ。当然のごとく怒るコジ。最後の最後になって、なぜ3人は醜い揉め事を始めるのか……?


本来であれば強盗の分け前は1/3の約束。
でも、チーム内での力関係は目まぐるしく入れ替わり、また強盗計画を知る第三者の思惑が絡んでそれぞれの取り分は変化していく。
頭を使わないとついていけず、映画を見終わった後は若干の疲労感w
小気味良いテンポでどんどん展開していき、事前に原作を読んでいてネタバレしていても問題なく楽しめました♪

吉本興業が主体で作成してるのでところどころ端役で芸人が出てくるのですが、灰汁が強すぎてリアリティがなくなってしまっている気が。
リアリティを追い求めている作品ではないんでしょうが、ちょっと残念でしたね。

ヒロイン役が中島美嘉って最初は違和感があったんですが、最後まで見るとドンピシャでしたね。
それにしてもビックリするほど細かったです。それとの対比でブラマヨ小杉さんの弛んだ肉体が映えるのなんの(笑)


コレドで見たのでカップルの観客が多かったですが、結構えぐいシーンもあるのでコレドでのディナー前に見るのはおススメできません。
(ディナーを食べ終えた後に、これから一戦交える前に見る分には構わないと思いますが。)


満足度
☆☆☆☆★


スポンサーサイト
  1. 2014/04/20(日) 05:41:06|
  2. movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久々にブログ更新しました。 | ホーム | 名探偵コナン 異次元の狙撃手>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/187-a419dbe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)