くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

最近の推し事

既に2カ月以上経過しておりますが、私が今応援しているアイドルdora☆doraが2月16日でデビュー1週年でした。
6月にはワンマンライブと、推しの生誕祭が控えていることで週末はアイドルオタクとして相応に忙しい日々を送っています。
メジャーアイドルしか応援してこなかった自分にとって、ライブアイドルというのは何もかもが新鮮でこの一年非常に充実していました。去年は大家生誕やって、その半年後に一色葵生誕を取り仕切ることになるとは…
まさに、「こんなにハマると 思わなかったの」状態(笑)

入社以来仕事人間だった私がライブの為に仕事早退して初台まで行くようになるとは思いもしませんでした。
東京Candoll準決勝の結果発表のあの興奮を味わえたのは早退した甲斐がありましたが♪
決勝は残念ながら3位ということでしたが、あの面子で3位なら誇っていいと思うし、あのパフォーマンスをずっと見せてくれれば必然的にファンは増えていくと思います。


dora☆doraの麻雀イベントで久々に打った麻雀にもすっかり嵌まり、週1でセットで打ち、最近ではフリーで雀荘に行ったりもしています。若い頃は自分が上がる事に執心していたのに、最近は当たり牌を予想して止めることに快感を覚えるようになりました。夢を追うよりも、リスク&リターンを計算して打つというスタイルが自分には合っている気がします。
藤田晋氏や勝間和代氏などの知識人が麻雀に本格的に取り組むなど、麻雀が再度ブーム到来するんじゃないかと密かに予想してます。なんとか、クリーンな麻雀が広まるという流れにdora☆doraがうまく嵌まれればいいなと祈っていたり。

昨年のdora☆doraデビューライブを見てクオリティに悪い意味で唖然としたものですが、場数も踏んで曲数も増えてパフォーマンスは格段に向上したし私自身ライブの楽しみ方が分ってきたので最近は週末が楽しみです。
当初は、ファンとの距離の近さを売りにした集客スタイルで見ていて非効率的だなと思っていたけれど、パフォーマンスで客を呼べる形を目指すという方針に転換したのは個人的には大賛成。ファンとして以前より遠い存在になるのは悲しい面もありますが、せっかく若い女の子が時間という貴重なリソースを投下しているのだから当初設定した夢に近づいて欲しいなと心底思っています。当然、距離の近さにメリットを感じて応援していたファンは離れていくのでそこはパフォーマンスで勝負するのだと腹をくくって欲しいし、いつまでも同じ状態をだらだら続けて今のファンがライブに来たりチェキを撮ってくれることが当然とは思わないで欲しいです。
人生お金も時間も有限なので、応援することに意味を感じられなくなったら私も離れていくのだと思います。
(私が人に見切りをつけるのが早い人間ということが最近ばれてきましたが、そうならない限りは一途な人間なので)


人生プラン的には30歳を機にオタクを辞めて本格的に婚活するかキャリアチェンジする計画で、応援するアイドルは一色葵とdora☆doraで最後にするつもりなので、なんとかそれまでに彼女たちには夢を叶えて欲しいなと願いながら週末を過ごしていきます。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/17(日) 23:50:16|
  2. hobby
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『リベンジ・ホテル』江上剛 | ホーム | 大家生誕総括【長文・駄文注意】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/258-0bc714a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)