くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『破綻-バイオ企業・林原の真実』林原靖

岡山の名門同族企業「林原」。トレハロース、インターフェロンなどの有力な商品群を抱え、メセナ活動にも積極的で地元の誇りであった同社がなぜ会社更生法に至ったのかを経営者の視点から描いた回顧録。
メディアでは報道されない真実が提供されるであろうと期待して読んだのだが、自己正当化のメッセージばかりでかなり読むのが苦しい文章の連続。
金融機関に勤める人間が金融機関を批判する文章を読んでいるからというのもあるとは思いますが、無知や論点のすり替えが甚だしい。地元の経済を支える大企業としての論理を持ち出したかと思うと、少々の粉飾は許容されるかのような中小企業の論理を持ち込む。
金融機関や弁護士の対応などで著者に同情すべき点はあると思うが、読む人が読めば林原は遅かれ早かれドラスティックに経営体制を変える必要があったのだなと感じることになるだけであると思う。
岡山の方は人情に厚い方が多いので、もしかしたら、善の林原と悪の金融機関という構図を文字通り信じてくれる方もいるのだろう。レビュー等を見ても、全面的に金融機関を批判するような論調もあったので、汚名を返上するという効果は一定程度あったのかもしれない。
粉飾決算による貸出先との信頼関係の崩壊のなかでの金融機関の対応については、ベストエフォートではないかもしれないが許容されうる行動であったと思う。但し、同族企業に欠けているガバナンス意識を補うようなレンダーとしてのモニタリング体制を構築するなど、地元の殿様企業のブレーンとして機能することで今回の事態を予防することができたのかもしれないという自戒は必要であろう。

満足度
☆★★★★



スポンサーサイト
  1. 2015/05/19(火) 23:05:34|
  2. reading
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『林原家 同族経営への警鐘』林原健 | ホーム | 『リベンジ・ホテル』江上剛>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/260-616fe6fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。