くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

『林原家 同族経営への警鐘』林原健

前に読んだ林原は専務の弟が、本書は社長の兄が書いた作品。
「破綻」は契約通りに金融機関への返済がなされていれば粉飾決算も許されるかのような論調で読んでいて辛かったが、「林原家」は社長が真摯にガバナンスの欠如を反省しながら、なぜ破綻に至ったのか林原家という名門企業の歴史、兄弟の歪な関係なども紐解きながら丁寧に説明している。
特に、粉飾決算がどのような内容であったのか、どの程度違法性が大きいものなのかを具体的な数値や図表を示しおり、弟の作品に比べると社長としての反省の色がかなり伺える。一方で、代表取締役という会社法上の強力な権限を与えられた立場にいながら、決算は把握していない、取締役会は一度も開催していないという杜撰さへの反省は不足している印象。
著者の主張する通り、岡山の地方企業に過ぎない林原がインターフェロンやトレハロースの画期的な発見をすることができたのは、短期的な利益を追求しないでいい同族経営であったからというのは事実。日本企業の大半はオーナー企業であり、オーナー企業そのものが否定されるものではないと思う。しかし、林原のようにある程度の規模になれば監査法人や社外取締役などオーナーにNOと言える人材を入れる必要があったのだと思う。
資本主義という舞台で株式会社という仕組みを利用して事をなそうとする以上は、経営者に求めれる権限と責任を理解した人間でなければリーダーたる資格はないと思う。

満足度
☆☆☆☆★

スポンサーサイト
  1. 2015/05/20(水) 23:07:37|
  2. reading
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『一流の人はなぜ落語を聞くのか』立川 談四楼 | ホーム | 『破綻-バイオ企業・林原の真実』林原靖>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/262-b7e895cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)