くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『我が闘争』堀江 貴文

しくじり先生の第一回放送を見て面白かったので購入。
「テレビでは放送できないことを書いています」という触れ込みを信じて購入したにしては、少し拍子抜け。
もう少しダークな内容も記載されているかと期待していましたが(それを書いて誰も得はしないので、書かないことが著者にとっての合理性かもしれませんが。)
堀江貴文氏が人生を通じて一体何と戦ってきたのか、堀江氏の幼少期からの振り返りが非常に興味深かった。
自伝なので脚色もあるかもしれないが、一時的とはいえ成功する方というのはモノの見方が違うのだなと思いました。
世間一般からすると近鉄買収騒動で急に脚光を浴びたIT成金のイメージが強いかもしれないが、就職せず起業するというのは並々ならない努力と才能が必要なわけで。
学生時代ITの可能性を信じそれを通じた豊かな未来と社会(合理的で効率的な社会)の実現に向けて遮二無二突き進んだ一方、あまりに時代の波に乗り過ぎすることができたせいで避けられた反感を買ってしまったのだなという感想。
最終的に破綻を招いた経営者というのは動かしがたい事実ではあるが、近鉄買収・ニッポン放送買収等を仕掛けたことで、広く一般の方々が会社は誰のものか、会社の存在意義とはという問いを考える契機になった点では彼の登場はいいきっかけだったのだと思う。
恐らく真の友達にはなれないとは思うが、同じチームの仲間として彼がいてくれたら心強いのだろうなと読みながら想像していました。

満足度
☆☆☆☆☆



スポンサーサイト
  1. 2015/05/22(金) 23:11:20|
  2. reading
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福岡遠征記録 6/20-6/21 | ホーム | 『一流の人はなぜ落語を聞くのか』立川 談四楼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/264-4d1754d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。