くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

『欲望産業・下 小説・巨大消費者金融』高杉良

【あらすじ】
大手都市銀行元役員から消費者金融の最大手・富福に迎えられた大宮紘平は、資金調達や、銀行の系列化阻止に辣腕を振るい、社長に昇格する。が、絶対君主として君臨するオーナー会長・里村栄一に阻まれ、経営の多角化もままならない。一方、過剰融資や貸し倒れの増大など、社内外には問題が山積み――。消費者金融の暗部を抉り出し、その後の凋落を予言した傑作経済小説。

主人公も大宮も銀行出身のエリート、そして他の取締役にはノンキャリアながら大蔵省や財務省の役員も名を連ねながら、創業社長の強力かつ歪んだパーソナリティの下では組織として十分なガバナンスを発揮することはできない。一方で、無理な貸出拡張路線は、貸し倒れの増加や違法貸付として組織の土台を蝕んでいく。
これは何も、消費者金融に限った問題ではない。どんな業種であれ、成長していく過程でいかに安定的な組織を構築するかがカギとなり、それができなければ反動として大きなしっぺ返しを食らってしまう。

最近はトップアイドルがCMに出演するなど隔世の感がある。昨今の低金利下では消費者金融のようなノンバンクの方が銀行融資よりもビジネスとしての伸びしろも工夫・改善の余地もまだまだある業種という印象。
もしより洗練されたビジネスモデルを構築して、日本社会のなかでの消費者金融の存在意義を確固たるものにできれば、かつては軽蔑の目で見られてきたノンバンクビジネスが金融のメインストリームとなる可能性は十分にありうると思う。


スポンサーサイト
  1. 2016/06/08(水) 11:11:16|
  2. reading
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リスクとは何か。 | ホーム | 『欲望産業・上 小説・巨大消費者金融』高杉良>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/281-7803e76f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)