くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リスクとは何か。

最近推しているアイドルのメンバーが一人無期限活動停止になりました。詳細な背景は知っているけど割愛。それについて、処分を下したことでユニット全体ファンが減るかもしれない「リスク」があるという言葉を聞いて非常時に違和感がありました。

学問によって用語の定義は異なりますが、経済学では「ある事象の変動に関する不確実性」を指します。
アイドルが何か暴露されると困る事情を抱えている時に、それがいつ表沙汰になるのかわからない状況でアイドル活動を続けること。これには勿論リスクがあります。一方で、運営がそれをオープンにして、ファンが減るのはまず確実な状況を生じさせればリスクは低下することになります。勿論、ファンは減るでしょうし、どれだけファンが減るのかというリスクは残るのでそれを予測しリカバリーする為の対応は必要となります。

リスクを残さないという意味で一回膿を出し切るという判断をした運営は間違ってはいないと思います。成功を望むけれど、その成功を台無しにするリスク要因があるのであれば、それは取り除くに限ります。
但し、何か考えがあってか、処分理由も処分内容も曖昧さを残しているので、ファン側としてこの後どういう事態になるのかわからず、リスクは残るので本腰を入れての応援はし辛い状況。
運営にも残されたメンバーにも、自分たちの作為・不作為がどのようなリスクを招くのか、それは好ましいリスクなのかを考えながら日々行動して欲しいと思います。

仕事柄かもしれないですが、見えているリスクを放置するのって嫌いです。放置してゆでガエルになった時に後悔するのが一番怖いので。リスクがあることを理解した上で行動してそれが結果より悪い事態を招いても、それはそれで仕方がないし決断した人間が責任を取ればいいだけのお話。
リスクに関する情報を収集・分析し、それらを踏まえてリスクをコントロールする施策を打つのがマネジメントの仕事なのだと再認識した出来事でした。


スポンサーサイト
  1. 2016/06/11(土) 10:40:56|
  2. hobby
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダイエット状況 | ホーム | 『欲望産業・下 小説・巨大消費者金融』高杉良>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/282-708a374d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。