くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『武道館』朝井リヨウ

あらすじ(公式HPより)
アイドルになりたかった。ただそれだけだったのに。
武道館でのライブを目指し活動するアイドルグループ「NEXT YOU」。独自のスタイルで行う握手会や難易度の高いライブパフォーマンスで一歩ずつ目標に近づいていく彼女たちだったが、メンバーの一人である愛子は、人気と知名度があがるにつれ、自分たちに集まる種類が変質していくのを感じるーー。
ただ、歌とダンスが好きなだけだった。大勢の観客の前で、アイドルとして輝きたかっただけだった。その気持ちは何も変わっていないはずなのに、求められることはどんどん増えていく。運営側からの期待、ファンから感じる情熱と重圧、ネット上での心無い誹謗中傷・・・・さまざまな思惑に取り囲まれながら、愛子、そして、NEXT YOUが進んでいく未来とは?
アイドルとして生きながらも、人間であることをやめられない少女たちの輝きと苦悩を綴った、衝撃の物語。

【感想】
直木賞作家だけあって、直接的に書かなくても読者に情景を思い浮かばせる書き方がすごい。
平易な文章で読みやすいし、現実世界でニュースになったアイドルの事件をモチーフにしているので、アイドルに関する前提知識がなくても、大体あの事件ねとイメージが浮かぶ。
アイドルや運営がどんなことを考えているのか、おそらく作者の関係者へ取材に基づくそれらの考えは、オタクという目線からは嬉しいものもあるし、知って複雑なものでもある。
アイドルを取り巻く独自なルールや商習慣を批判するのは、いつもそれを経験したことない人たちという主人公のものの見方は、共感できるものであったが、読み進めるに連れてオタクとして苦しく辛いものはあった。
アイドルは大勢のファンを相手に夢や疑似恋愛を与えることで、成り立つビジネスモデル。一方で、年ごろの少女に恋愛を禁止するというのは難しいものがある。アイドルというものの特性と、個人の欲望をどう両立させて、思春期の自分の成したいことを選択して実現していくか、アイドルには是非読んでほしい。

満足度
☆☆★★★
(小説としては面白いけれど、オタクが読むには辛すぎる内容。)


スポンサーサイト
  1. 2016/10/08(土) 09:11:28|
  2. reading
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<闇金ウシジマくん Part3 | ホーム | マネーモンスター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/293-300d6639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。