くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『タックスヘイブン』橘玲

【あらすじ:Amazonより】
シンガポールでもっとも成功した日本人金融コンサルタント北川がホテルから墜落死した。死んだ北川の妻・紫帆は現地に、高校の同級生・牧島とシンガポールへ赴く。紫帆はそこで北川の現地妻と息子の存在を知る。北川は1,000億円を扱うファンドマネージャーだったが、政治家や会社社長など、数々の顧客のプライベートバンクの口座に10億円、50億円規模で穴を開けていた。背後に見え隠れする、日本の首領が仕組んだブラジルへの原子力発電施設輸出計画とそれを見込んだファンドとその失敗。紫帆と大物政治家の過去。大物フィクサーの影と蠢く謎の仕手グループ。そして起こった大物政治家秘書の暗殺。北川の死は自殺か、それとも殺人か? 口座から消えた巨額の資金は、どこへ送られたのか!?

シンガポールを舞台とした金融ミステリー。タイトルのタックスヘイブンはパナマ文書でも話題となりましたが、日本語に訳すと税金のかからない楽園すなわち「租税回避地」。舞台となるシンガポールのような国々は、外貨獲得の為に意図的に税金を優遇する制度を整え、企業や富裕層の資産を誘致している。
せっかく稼いだお金を税金で取られるのはばかばかしいと考えるのは悲しい人の性。お金持ちは節税スキーム自体に価値を見出し、そのスキームをアレンジするコンサルタントが跋扈し一つのビジネスとして成立している。
小説を読みながら、国際的な外貨決済の仕組み、祖関回避の手法など話のネタとして知っておいて損はない知識もちりばめられていて、金融機関で働く身として参考になった。(実務で使えるレベルではないが、あくまで自分の専門外の領域の参考として。)

各登場人物のアクの強いキャラクターと闇、シンガポールのリアルな背景描写が相まって、飽きることなく一気に読み終えてしまった。当初はプライベートバンキングを舞台にした金融ミステリーかと思ったが、読み進めるにつれ拝啓には国家レベルの大きな闇が隠されているという展開に興奮を覚え、作者の逞しい想像力に感嘆せざるを得なかった。

満足度
☆☆☆★★



スポンサーサイト
  1. 2016/10/16(日) 09:44:22|
  2. reading
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『「東大」「ハーバード」流・16倍速仕事術 「掛け算」で成果を伸ばす 』本山勝寛 | ホーム | 『サラブレッドと暮らしています。』田村正一>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/301-ecd7b935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。