くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

なぜ男性地下アイドルがいないのか

「なぜ男性地下アイドルがいないのか」仮説を考えて来いと、上司に言われたのですが、冷静に調べてみると男性地下アイドルって結構いますよね。毎日のようにどこかで、メンズアイドルフェスって開催されていますし。

とはいえ、地上のアイドルではAKBじゃなく、ジャニーズのように男性アイドルも相応に市場規模を持っているのに、地下アイドルといえば女性アイドルの方が圧倒的に市場規模は大きいのか理由を考えてみました。

① DDファンの少なさ
男の地下アイドルファンにはDDと呼ばれるファンが一定層いて、取りあえずライブを楽しみたいから現場へ行く、気になったら物販でお金を遣うという層が一定程度います。一方、女性ファンは男性地下アイドルの「専オタ」と言われる方が多い印象。なんとなくライブを楽しみたいから現場へ行くということは少なく、自分の目当てのアイドルがいるからライブへ行くし、物販でお目当てのアイドルに結構なお金を遣うという方が多い印象。
語弊があるかもしれませんがが、本能的に男性はできるだけ多くの遺伝子を残したいという欲求があり、浮気をする生き物なので、色んなアイドルでお金を遣う。何年もオタクやっていて「単推し」を貫くことができている男のオタクなど見たことがないです(笑)
一方、女性は子供を産むことができる期間は人生の一部だけ。また、一人の男性の子供しか妊娠できないという制約があり、複数の男性を同時に愛する(推す)ということはしないのかなと。女性ファンは目当て以外のアイドルの為に時間を使う。アイドルのライブや物販の時間以外に価値を見出すということはしないのかなと。

② ファンの経済力の差
女性地下アイドルの男性ファンが10~60代まで幅広いのに対し、男性地下アイドルの女性ファンは10~30代に限られている印象。
女性アイドルのファンは一流企業勤務の中年男性であったり会社経営者であったり、かなりの金額をオタ活に使えるのに対し、特に男女の賃金格差は大きくて20代前後で月二桁万円遣える方の母数が少ないのは致し方ないのかなと思います。

③ ファンコミュニティの差
①が正しいとすると、男性ファンでいうところの「ガチ恋」が多い訳で、その中では上手くファンコミュニティが機能していかないので、界隈を大きくしていこうという意識が働かないのかと。男性オタだと、ファンコミュニティの内部で上位になりたい、界隈が大きくなっていく過程を眺めるのが楽しいというファンがいて、その人たちが生誕やワンマンなどイベント企画時にお金や労力を遣うけれど、自分が推しにとっての一番でありたいという思うファンばかりでは、そういう企画も上手くいかないのかなと。男性地下アイドルを推したことはないので、これは完全に仮説の域をでません。

取りあえず、上司に意見をぶつけてみて仮説をブラッシュアップしていこうと思います。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/05(日) 22:39:43|
  2. hobby
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『起業家』藤田晋 | ホーム | ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/311-553f1068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)