くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『AKB総選挙に学ぶこころをつかむ技術』 三浦 博史

書評ブログという当初の目的を忘れておりましたので久々に書評を書きます。
とはいってもこ今回もAKB関連ですが。

議員インターンの経験やAKBへの前提知識もあり、30分程度でサクサク読めました。

結論から言うと「看板に偽りあり」という作品。
AKB総選挙と日本の国政選挙の比較が大半を占めるのですが、それぞれの制度の特徴を説明する際に引用されているエピソードは大半が政治関連のもののみ。正直、AKB総選挙への分析が不足している感は否めない。

序盤でAKB総選挙を定義してしまっており、そこに執着したせいで分析が広がらなかったのかもしれない。
AKBの選挙エピソードは公式ガイドブックの内容レベルで非常に薄いもの。柏木・大場躍進の秘密や、一方で大きく順位を落とした宮崎・片山等の分析をして欲しかった。あとは、圏外から大躍進した仁藤に投票したファン心理とか。それぞれの候補の一年間の方針や実際の行動まで分析するくらいはすべきであると思う。とても、選挙の専門家が書いた本とは思えない。

「ひとのこころをつかむテクニック」について記載はあるのだが、あまりにも在り来たりすぎて面白みにかける。本音ベースの情報が全く取得できないアイドルを分析対象とするのがそもそも不適切だったのではなかろうか。AKB関連の具体例はわずかであるし、これでは、売上増を狙ってAKB総選挙ととりあえずタイトルにつけたのだと勘ぐりたくなってしまう。小職は著者の狙い通り、タイトルにひかれ購入してしまったのであるが(笑)

そして、選挙プランナーである著者によるAKB総選挙での戦略の記載はあるが、あまりにも当たり前すぎる内容。メディアの活用やイメージ戦略など一般的な言葉を読者は求めているのではなくて、特定の候補がどうすれば選抜入するのかの具体的な戦略を示してほしかった。


AKB総選挙のエピソードを知りたいのであれば内容が不十分すぎるし、人心掌握術を習得したいのであれば他の専門の自己啓発書の購入を進めたい。


満足度
☆★★★★


スポンサーサイト
  1. 2011/10/24(月) 00:52:19|
  2. reading
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 『NOと言えないあなたの 気くばり交渉術』 藤田 尚弓 | ホーム | 南三陸町ボランティア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/7-caa2a223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。