くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

馬の走り方の秘密 -馬の走り方の特徴をオルフェーヴル号のデータから解説

講師 競走馬総合研究所(@宇都宮) 高橋さん
高橋さん普段の業務内容:ドーピング検査、馬の動きや馬場の影響、故障の要因についての研究


馬の骨格の特徴:手首より下、足首より下が非常に長い
脚の回転を早くする必要性→先端を軽くし、重い筋肉が体の近くにある構造


馬の走り方について

常歩(ウォーク):左右の脚が対称、タイミングが1/2ずつずれる、対角線上の脚がつく、頭が動く(頭の動きでどの脚が痛いのか分かる)
速歩(トロット):左右の脚が対称、タイミングが1/2ずつずれる、対角線上の脚がつく
駈歩(キャンター):左右の脚が非対称、着地音が3つ、1ハロン15秒、
襲歩(ギャロップ):四肢が別々の動き、着地音が3つ、1ハロン15秒以内、
----------------------------------------------------------------------------
左手前:左前肢が最後につく
右手前:右前肢が最後につく

左カーブ:左手前 逆手前ではカーブを曲がりきれない(ex新馬戦でカーブアウトする馬)
カーブから直線に入ると手前を入替える。通常は馬が勝手に替えるが、替えない場合もあるので、その場合は騎手の合図で帰る。

馬は反手前後肢で推進力を発揮している。
ダート馬でも後肢で力を出しているはずであり、ダートが得意な馬に対する「前輪駆動」という表現は誤り。
----------------------------------------------------------------------------
ディープインパクトは空を飛ぶのか?

武豊の発言「空を飛んでいるよう」
後肢蹄鉄の磨耗が少ない(つま先部分)
GI馬は蹄鉄の磨耗が早い(平均2週間で交換)、しかしディープは3週間で交換

ピッチ×ストライド長さ=秒速

事例 菊花賞
ディープ 2.36(回/秒)×7.54(m)=17.8m/s
他馬平均 2.28(回/秒)×7.08(m)=16.1m/s
(ピッチについてはベストは2.4の馬もおり、ディープがトップというわけではないがストライドが長い。)

空中にいた時間 ディープ0.124秒 他馬平均0.134秒 わずか1/100秒の差
空を飛んでいる時間は短いが 空中にいる間に進む距離は長い ディープ2.64m 他馬平均2.43m
◎実は空を飛んでいる時間は短いほうがいい。(長いと上に動くのでエネルギーロス)

◎ディープは、二肢が同時に着地している時間が短い。 → セクレタリアトの走りと同じ特徴
反手前前肢を着くのが遅い = 体を伸ばして走っている
稼動範囲  他馬平均は81度に対して、ディープは91度 手前前肢をより前に、後肢をより後ろに振出している
頭を上げるタイミングが遅い → 馬体の上下動が少ない

(余談)調教でウッドチップを飛ばすような走りを「パワフル」と褒めるコメントがあるが、
飛ばさないほうが地面への推進力がしっかり伝わっているのではないか。

----------------------------------------------------------------------------
オルフェーブルの強さの秘密

事例 菊花賞
ピッチは2.38(回/秒)でトップ、しかしストライドは7.30(m)とトップではない(17.3m/s)
ダービー(不良馬場)
ピッチは2.25(回/秒)と抜けているわけではないが、ストライドは7.50(m)とダントツ。
他の馬は良馬場と比べるとストライドが短くなるのが通常。
オルフェーブルはディープとは異なりストライドよりもピッチを上げる走法。
しかし、バランス感覚がいいので、不良馬場でもストライドを伸ばすことができている。(両後肢を同時に着地)
----------------------------------------------------------------------------

凱旋門賞について

ロンシャン競馬場は洋芝で芝が長いのが特徴。(函館・札幌は洋芝)
日本の競馬場は砂の上に野芝を敷いているが、ロンシャンは砂と芝の間にふかふかした層が存在する。
ディープが挑戦した2006年は良馬場。ディープは2.5(回/秒)×7.5(m)と、日本の馬場に近い状態であったためストライドを伸ばすことができていた。

2012年は雨が多く、ふかふかした層がぬかるんでおり、ストライドは伸ばしつらい。
ディープ型は苦戦が予想されるが、オルフェーブルなら善戦するのではないかと予想。
ただ、ヨーロッパの馬は洋芝が得意な馬が出走してきており、展開が予測困難なので走って見るまでどうなるかまではわからない。

----------------------------------------------------------------------------
質疑応答コーナー

(質問)競走馬の走り方を矯正することは可能なのか?
(回答)10歳以上で性格が穏やかで賢い馬を選ぶ乗馬であれば育成はできるが、競走馬が能力のピークの時に矯正することは不可能。
先天的に身に着けた走り方のいい所を伸ばすという育て方が普通。

(質問)スタート直後が直線コースの場合、スタート直後の手前はどちらになるのか?
(回答)馬によってバラバラ。ジョッキーによってはコーナーの数を計算して、スタート時の手前を決める騎手もいる。(バランスを微妙に変えることで、馬に指示を送るのは可能とのこと。)
スタート直後は大体はその馬が得意な手前で走るものと思われる。コースによって性格が全く異なる馬の場合は、手前に得手・不得手がある場合がある。

----------------------------------------------------------------------------

以下は、REXS フォローアップセミナー(講師:古谷剛彦)


■休養明けの馬の取捨選択の方法
新聞、コメント、調教、パドックから分析するしかない。では、調教時計を同分析するか?
専門には前走の調教タイムが出ており、その時の馬場状況を加味しながら比較する。
前走時よりもタイムが出ていれば、前走程度には仕上がっていると判断できる。


■パドックでは馬体重は気にしない。目安にはする。
太目か細めかを判断する場合は腹を見る人が大半。腹帯が緩んでいたら余裕があると判断できるが、
元々余裕がある体つきの馬の場合は問題ないことも。過去との比較が必要。
わかりやすく判断する場合はトモ(尻)から判断すればよい。背割れしている場合は明らかに太い。
ひばらがとがって見える場合は細い。(腰骨がとがっている状態)


■サトノギャラントが勝ったレースの回顧(道中は最後方から差切勝)
レースは2F目で急に早くなるが、どこかで緩むのが通常。
サトノギャラントは向こう正面では最後方であったが3コーナーで前との距離を縮めた。
最後方にいれば、少なくとも最内でコーナーを回ることが可能となり、距離ロスを防げる。
勘の良いジョッキーは他の馬が遅くなったところで加速する。(横山Jは理想的な乗り方)
レースを振り返る場合は、道中の全体のラップと、自分の買った馬のラップを精査する。


■ヨロ(太モモの筋肉)
南半球産馬やサクラバクシンオー産駒にはヨロが立派な馬が多い。一方で、ヨロが全くなかったのがダンスインザダーク。
一見すると筋骨粒々でパワーがありそうに見えるが、筋肉が邪魔をして後方への力が働かなくなり、アクションが小さくなり距離がもたない。


■調教を見る際のポイント
同じラスト3Fだとしても、終いを伸ばしている調教が理想。
坂路5F68秒でもラストが12秒以下ならいい調教(馬には疲れが残らない、堀厩舎の調教パターン)

■迷った時は関西馬
現在の競馬は完全に西高東低。わざわざ関東に遠征に来る関西場に要注意。

■飛節
尾の付け根と飛節が一直線(直飛)が理想とされる。
サンデーサイレンス(SS)系統は飛節の折りが他の馬より深いのが特徴。(exスペシャルウィーク、ネオユニヴァース、マンハッタンカフェ)
重心よりも後ろに肢があり、力を伝えきれないはず。本来であれば弱点のはずだが、SS系は優れた筋力でカバーしている。
後肢の飛節が伸びる分、前肢の完歩も大きくなる。飛節が伸びるのが競走馬にとって重要。
しかし、筋肉量の少ない馬の場合は弱点になる。母馬の筋肉量にも依存するので、SSの孫が必ずしも走るとは限らない。
ディープはSS系なのに直飛。本来SS系にあるはずの弱点がない理想の馬。

SS系の若駒はOCD(野球で言うネズミ)の摘出手術を受けるのが通常(手術は一般化しておりほぼリスクはない。)
筋肉量で無理やり飛節をのばしているので、飛節に負担がかかりやすい。
ex アグネスタキオンは曲飛節なので、活躍馬を出す一方で、産駒の故障も多い

シンボリクリスエス産駒は直飛だがトモがくびれすぎている馬が多く伸び悩んでいる


◎飛節がしっかり伸びれば前肢は振り子の原理でしっかり伸びる。


スポンサーサイト
  1. 2012/10/17(水) 22:25:41|
  2. hobby
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Documentary of AKB48 No Flower Without Rain 試写会レポ | ホーム | アウトレイジビヨンド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greedislegal.blog.fc2.com/tb.php/79-d9f3f5cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)