くらげたちへのレクイエム4

都内金融機関にて社会人7年目。 東京大学法学部卒。メインは読書記録を書いていく予定。▽キーワード:自己啓発、金融、野球、政治、M&A、競馬、AKB、大家志津香、異国のパルピタンテ、ヴィヴィアン・ゆん、dora☆dora、一色葵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マネーモンスター

ストーリー:リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)が司会を務め、その巧みな話術で株価予想や視聴者への助言を行う高視聴率財テク番組「マネーモンスター」。番組ディレクターのパティ(ジュリア・ロバーツ)の指示を聞かず、アドリブ全開でリーが生放送に臨む中、拳銃を手にした男カイル(ジャック・オコンネル)がスタジオに乱入してくる。彼は番組の株式情報によって財産を全て失くしたと憤慨し、リーを人質に番組をジャック。さらに放送中に自分を陥れた株取引のからくりを白日のもとにさらすようパティに迫るが……。

日本橋のTOHOシネマズに見に行きましたが、会社の同僚や明らかに金融業界の方と思われる方がちらほら(笑)
舞台となる財テク番組「マネーモンスター」は経済番組というよりコメディ番組なので、金融サスペンスだと考えて臨むとがっかりするかもしれないです。金融を一つのトリガーにしたサスペンスと考えれば、息つく暇もなくてすごい楽しめる作品。
日本も個人の貯蓄から投資への流れと言われますが、個人投資家を増やすだけでなく、育てることの重要性を痛感。
ふと、Greed is good, now it seems it's legal という言葉が頭に過りましたね。


  1. 2016/06/29(水) 11:00:34|
  2. movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐ参院選なので

大学時代は一年間議員インターンでお世話になったり、子供時代からある種選挙オタクだったりするので、毎回選挙は立候補者の選挙演説を自分の耳で聞いて、公約や経歴・支持団体などを考慮の上投票しています。

冷戦時代のようなイデオロギー対立もなくなり、今の参院選は現政権のYes-Noの選挙になっている印象。政策に大した差がなく、公約は破られるものという印象を有権者は嫌というほど思い知らされているので、何か野党もトランプやジョンソンのように上手く危機を煽らないと、現状維持、現政権運営の実績を評価するという流れになって何も変わらない。

投票先はまだ決めていないですが、財政健全化と消費増税の方向性を打ち出している候補者に投票するつもりです。
民法の世界では、国民が身に覚えのない借金を背負わされることはありませんが、消費税増税を先送りとする決断は、若者や0~19歳の将来世代に借金を先送りしているだけなので。
増税より先に政府の効率化や財政削減が先という意見もありますが、消費税増税で生活が苦しくなってからの方が公務員の非効率や無駄を真剣に追求しようという気持ちも起こるでしょう。

若者の投票率が低い現状で、負担は将来に先送りというのは今の若者が選挙にいかない結果で自業自得。若者の投票率をあげれば既存政党の政策にも変化は現れると思いますが、もっと世代間の負担や格差にフォーカスした政党が表れてもいいと思います。若者だけの利益代表として、高齢者の既得権益打破と若者に手厚い福祉政策を掲げる政党が。ひたすら、そういう投票行動を取ることを議員に約束させて、一定年齢になったら自動的に党員としての地位を失うとかは面白いと思います。

私も20年くらい年を重ねたら、高齢者の権利とか言うようになっているかもしれませんが(笑)
  1. 2016/06/28(火) 11:13:16|
  2. other
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぜ私は繋がりが嫌いなのか

Haney Squashのメンバーが、ファンと繋がりたくてアイドルを辞めるなど繋がりが流行っているのですかね(苦笑)
アイドルにはJCやJKだけでなくいい年齢の子もいるので彼氏がいてもいいとは思いますが、ファンと繋がるのは原則否定的。

私が繋がりに否定的なのは、本来は運営を経由してアイドルに取るべきお金がアイドル現場という生態系の外でアイドルに行きわたるようになるから。
極論かもしれませんが、アイドルとオタクの関係は、アイドルが複数のファンからの収入で資金繰りを回しながら夢を目指していくというシステムだと思っています。オタクからアイドルへのお金の流れや、アイドルからオタクへの愛情・感謝のバランスが崩れてしまう。運営もファンも時間とお金を投資しているのに、特定のファン以外はリターンを得られない世界ができあがってしまう。

昔アイドルと繋がったオタクに聞いたのですが、繋がってもばれないようする努力が大変で、オタクとしても従前のように楽しめずつまらなかったとのこと。昨今のワイドショーが不倫ネタ一色なのように、人は他人の色恋沙汰が大好きなで口に戸は立てられないので秘密を維持し続けるのは大変なのでしょうね。当時者も関係が良好な間はいいですが、オタクといい加減な気持ちのアイドルの関係が長続きするとは思えないし、関係が悪化した時の周囲へのリスクが大きすぎる。
アイドル側もこの人となら関係が公になって世間に批判されても後悔しないと思える相手か、真剣に吟味したうえで繋がって欲しいものです。

繋がるなら、最初からアイドルとしてではなく、学校の文化祭やUNIDOLで頑張って欲しいですが。
  1. 2016/06/27(月) 11:17:07|
  2. hobby
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤田晋トークセッション「勝負強い経営~洗面器から最後まで顔を上げなかったものが勝つ~」2016.6.21

日経新聞有料版購読者限定セミナーに参加してきました。
藤田晋といえば麻雀の腕前はプロ級で有名。経営と麻雀には相通じるものがあるというコラムを良く拝見していたのですが、今回のテーマは経営と麻雀について。
CAに対するイメージはネットバブル期に登場した企業の一つという印象で、キラキラ女子やちゃらい体育会系で伸びている会社というのが受講前のイメージでしたが、社長は非常に論理的で固いビジネスをしているんだなというのが感想。質疑応答も敢えて難しい言葉や横文字を避けていて、相手にどう伝えるかに非常に拘っているのだなと感じました。
ネットバブルブームに乗って追い風にするために、必要な時は会合への参加やメディア露出はしたが、不要な会合は無謀な投資は決してしなかったと聞いて感嘆。
仕事への情熱と論理を兼ね備えていて、三木谷さんに社交性や温かみをプラスした印象。
現状はAmebaやゲーム事業が現状の収益の柱ですが、今後リソースを集中投下していく予定のメディア事業を伸ばしていけるか、そしてCAを世界で戦える企業にできるのか楽しみにしています。


【エッセンス】
① 洗面器:短期的に自分の力で結果を出せる競技として麻雀に挑戦。麻雀と経営の相互フィードバック。麻雀も経営も我慢のゲーム。勝負所ではないのに勝負をかける人から脱落。負けの99%が自滅であり、ミスしなければ勝てる。不平等なところからスタートして、スピードと得点を競うゲーム。麻雀を通じてリスクリターンの感覚を研ぎ澄ます。
② 幽体離脱:メンタルとバランスを崩さないように、もう一人の自分と対話する。
③ 激怒:筋の通らない行動をした者への示しをつけるパフォーマンスとして利用する。
④ 雑用:雑用の手を抜くとツキが逃げる。偉くなっても大事な雑用は自分でするべき。細かい仕事が雑だと信用でいない。飲み会のセッティングも、いわば大きな仕事を任せる為の試金石。藤田社長は社員のSNSは細かくチェックしているし、名前は覚えるということを心がけている。
⑤ 低姿勢:偉くなったら負けが始まる。長続きする経営者はおおむね低姿勢(楽天は除く)。
⑥ 兼任監督:監督に徹する人は成長しない。技術が進化する世界では監督は自分で経験しないと、人には任せられない。但し、現場の手柄を撮ると人が育たない。
⑦ 子会社社長:若手を部門のリーダーではなく、子会社として切り離し社長にすることで社員のモチベーション・責任感・能力をアップする。連結経営なので全体としては同じであり、子会社の肩書はタダだが日本では社長とい言葉の与えるインパクトが大きい。各社には自由にやらせるが、マネジメントツールの中では管理する。
・経験を積ませることで人を育てる。役員を2年で2人ずつ入れ替える制度を導入したところ、役員のモチベーションがアップした。人材育成は生来利益で還元してもらうため。チャレンジと努力した結果失敗したなら、再度チャンスを与える。
・サラリーマンの経験は会社の仕組みやマナーを学ぶ上で役に立った。起業した後も大企業からの信頼を得る上でショートカットとなった。
・CAの目標はグローバルな規模で人に尊敬されるビジネスを手掛けること。世界で成功するプロダクトを作る為には、技術・デザインで卓越する必要がある。
・CAの社長としてはギャンブルとしての麻雀よりも競技麻雀の方が面白いと思う。中継される中で下手な麻雀は打てないというプレッシャーと戦いながら麻雀を打っている。お金を賭けるとカネを払えばそれで済んでしまう。酒を飲みながら打つ麻雀は論外。

  1. 2016/06/22(水) 00:36:18|
  2. hobby
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異国のパルピタンテ 1stワンマン 2016.6.19


昼間からDESEOでDDプリンセスを観戦し、時間があったのでWINS渋谷でJRAに10kほど献金してから秋葉原へ。
前日はワンマンにもかかわらず出ていなかったファンからのスタンドフラワーも出ていたし、動員は前日に比べると大幅に増加し100人前後。

新衣装あり、曲が止まってのアカペラハプニングあり、決意映像あり、新曲発表ありで、心臓に悪かった前日に比較するととてもお腹いっぱいな内容。
アキドラでの昨年のワンマンに比べると客足は半分以下だし若いオタクは大幅に減ったのでファン側の盛り上がりには欠けるけれども、温かく見守っているオタクが多いライブでした。
おそらくあの場を共有できたファンはオタク歴の長い方々が多いので多少のことがあっても末長く応援していくのでしょうね。

いままではゆんとは色々話す機会は十分にあり、この子なら大丈夫と思って応援してきました。一方で、他のメンバーが何を考えているのかはほとんど理解していないし、なぜ仕事をしないでアイドルをしているのかも、これからどんな大人になりたいのかもわからずゆんがいるユニットだからという理由で応援してきたのが実際のところ。ですので、彼女たちの言葉でアイドルを続けていく覚悟を聞くことができたのは収穫でした。
後は、その言葉をどう日々の行動やステージのパフォーマンスで見せてくれるのか。ファンは盲目的に推しているように見えるかもしれませんが、メンバーや運営の瑣末な言動までしっかり見ているので。自分たちの目標を達成するための戦略と戦術はいかなるもので、毎回毎回どんな目標を持ってライブや物販に臨んでいるか、じっくり見させてもらおうと思います。それで変化ができないのであれば、正直アイドルに若い人生の時間をささげるのは勿体ないし辞めた方がいい。

今まではアキドラという絶対的なホームがあり、資本力のある運営の元でやってきたわけですが、文字通り一からやり直し。
社会人からすると信じられない杜撰さもファンの身内感と、アキドラクオリティという言葉で許容されてきた面はあったと思います。これからは、「アキドラ発」という看板を失った中で、他のアイドルとパフォーマンスやファン対応、運営の姿勢などで純粋に競争していかなければならないし、そこで他のユニットの水準以上で差別化ができなければあっという間に淘汰されて次のワンマンなどないかもしれません。
ホームがなくなり主力メンバーも抜けて振り出しに戻った感はありますが、次回のワンマンライブでキャパ400人のライブ会場を埋めることができるように微力ながら応援はしていきたいと思います。

【セットリスト】
1 カバー曲メドレー(昨日と同じ曲を順番変えて、サイレントマジョリティー・大器晩成・ミニモニじゃんけんぴょん・いちごパフェ・Tactics・全力少女) 
(従来の異国衣装から青色新衣装にチェンジ)
2 絶対相対アイドル
3 異国のイノセンス
4 強気弱気のサマーガールズ
5 異国の胸騒ぎ
6 異国のSwing Snow
7 今日と明日のラストダンス
8 無敵素敵シンパシー
AC
9 異国のエルドラド
10 絶対相対アイドル
  1. 2016/06/21(火) 00:26:00|
  2. hobby
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『半笑いの馬券定理 競馬で勝つための本質 』半笑い

競馬予想家として好きなのは、調教予想の井内利彰と本著者の半笑い。
競馬は単勝・複勝は期待値8割、それ以外の馬券は期待値7割5分のゲーム。なので、宝くじ同様参加すること自体が馬鹿らしいと経済学者は言います。
子供の頃から競馬と接して来たので競馬に対する贔屓は多分にあると思うけれど、私はそうは思わない。
知人の競馬新聞記者から良く言われたのは「競馬は参加料で25%を払い、残りの75%を参加者で奪いあうゲーム」。
宝くじとの最大の違いは、馬券売り場には当たり馬券が売っていないということはないが、多くのプレーヤーが予想した結果として外れる馬券を購入していること。(宝くじはそもそも宝くじ売り場に当たりくじがない可能性が高い。)
そして自分とは独立して当選確率が決まる宝くじに対し、競馬の配当は参加するプレーヤーによって決まるということ。
つまり、オッズ表に表示されるオッズと、本来の各馬の強さを反映した真のオッズの隙間をつくことができれば、期待値8割のゲームでも期待値10割を超えることは可能なのではないかと思う。

本書は2011年より登場したWIN5とそれにまつわる数字を通じて、どうすれば馬券力を高めることができるかを読者に考えさせる。
本書に取り扱う最新のデータを自分で抑え、計算しその数字の意味を考える作業は非常に面倒ではあるし、相応に頭を使う作業ではある。
恐らくその重要性を理解することはできても、実行に移すことはできないプレーヤーが大半。
だからこそ、そのような汗をかかないプレーヤーをカモにできる予想家がこの世に存在できるのであろう。

この本の抱えるジレンマは全てのプレーヤーがこの本の通りに投票すると、本が依拠するデータが無意味なものになってしまうということ。
ギャンブル好きは、基本的には怠惰な生き物なのでそんなことは起こりえないが。

※ちなみに、私はWIN5登場以来一定金額を買い続けているが、一度も当たったことはない。そろそろ、WIN5で負け続けた金額で新車が買えるレベル(泣)


  1. 2016/06/20(月) 10:39:09|
  2. reading
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『あれか、これか-「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門 』野口真人

宝くじや公営ギャンブルのように、人は期待値が1以下のゲームに参加する愚行を犯す。
普段は冷静な判断が出来る人でさえ、お金が絡むと人は冷静な判断ができなくなる。
本書はファイナンス理論を身に着けることで、自分達の周りのものの「本当の値打ち」を見極めようとする。

著者の会社の方に以前名刺交換させて頂いたことがあったのですが、気前のいいことに全員にプレゼントで頂きました。
独立系のバリュエーション(企業価値評価)ではNo1の会社なので、そこの出すレポートや専門書は拝読したことあったのですが、当然それらを読むのはそれを専門的に業務としている方々に限定されています。仕事を取ってくるには、それが専門ではない方々にいかにアピールするかが重要ですし、金融コンサルサービスは特に差別化が難しいので、本書の様に専門領域を日常世界に当て嵌めてわかりやすく解説したビジネス書というのは本業でのマーケティングという意味で非常に有効なのでしょう。

【エッセンス】
今日の自分は過去の判断の結果。悔いのない人生を送るには、ものの本当の価値を見抜くことが必要。
そのツールとしてファイナンス理論が有効。

現金は最も価値の低い資産の一つ。現金よりも稼ぐ力のある資産を持つべき。
価値≠価格。値段にだまされない人が全てを手に入れる。
過去の費用やみんなの意見からは本当の価値はわからない。

会計は無形資産の価値(ヒト・ブランド)を見逃す。ファイナンスは目に見えないものを価値の源泉と考える。
収益性の源泉はヒト>モノ>カネの順。
価値=将来にわたって生み出すキャッシュフローの総和

信用創造:お金を銀行に預けることで預けた金額の約10倍が社会に流通する効果をもたらす。

ある程度の金利の存在する世界では、CFの継続期間が長くなってもその現在価値はあまり増えない。
金利の世界ではCFの継続期間よりもCFの絶対水準が重要。
金利はいかなる場合も投資家が決めるもの。⇒リターンが低ければ社債価格が下がる。

人生の選択はアップサイドリスクをどれだけ味方につけられるかにかかってくる。
リターンはリスクの見返りであり、リスクは不確実性である。本当の価値を見抜くにはいかにリスクを正確に把握するかが重要。

投資家の行動パターンは「美人投票」⇒「自分が誰を美人と思うか」よりも「みんなが誰を美人と思うか」の“予想”が重要
ランダムウォーク:過去のチャートの動きから将来の株価予測はできない

平均と個々の値の差=偏差
偏差の2乗の平均値=分散
分散の平方根=標準偏差
偏差値の計算方法 ①偏差×10⇒②①の数字を標準偏差で割る⇒②の数字に50を足す
正規分布の場合、平均値から±1σに68.27%が、平均値から±2σに95.45%、平均値から±3σに99.73%が含まれる。
ファイナンス理論では標準偏差と期間の長さをもとに投資リスクを合理的に計算する。

人生の時間は有限⇒ 価値は時間の観点の中で評価しなければならない。 ex生命保険・定期預金・マイホーム

MM理論:資産購入のための資金調達方法は、その資産の額とは無関係である。企業や資産の価値を決めるのは将来のCFと割引率の2つだけ。
ポートフォリオ理論:投資家は分散投資により投資のリスクだけを下げて、確実に期待収益を上げることができる(分散効果)。負の相関のある資産に分散することでリスクの軽減効果を高めることができる(相関効果)。

リスク・リターンが最も優れたポートフォリオ:マーケットポートフォリオ
(株式市場の場合、市場に存在する株式銘柄を時価総額比率按分で組み込んだポートフォリオ)⇒米S&P、日TOPIX
個別株式のリターンは、その株式自体のリスクからではなく、マーケットポートフォリオに与える影響から評価すべき

プロスペクト理論:リスク回避度合はその人間のおかれた状況によって変化する⇒行動ファイナンス

ブラックショールズ式のエッセンス:①原資産のリスクが高くなるほどオプションの価値は高くなる、②オプションの価値は原資産の価値以上になることはない。
オプションの変数:1)原資産、2)スポット価格、3)行使価格、4)オプションの期間


  1. 2016/06/19(日) 10:36:10|
  2. reading
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異国のファルマチスタ 2ndワンマン 2016.6.17

異国のファルマチスタが活動を終了してしまいました。
ゆんからは解散ではないと聞いていたんで、メンバーの発表を聞いた時は驚きというより、なるほどなといった感想。
アキドラという新規ファン獲得のツールであり拠り所がなくなり、動員も厳しかったし羽野のこともあったし。

昨年の11月から応援を始めて1stワンマン、萌クイーン、Tokyo Candoll、生誕祭とイベントが目白押しであっという間に通り過ぎて言った8ヶ月間でしたが、ゆんを応援していてもっとこうしてあげれば良かったなという後悔は一切ないしやり切った感はあるので、それを聞いて特に感情はわかなかったですね。強いて言えば、私の蛮勇といわれている行動が、ファルマチスタの死期を早めたか。
活動休止発表を聞いてから、明日からの本現場をどうするのか、オタ卒してRIZAPゴルフかツヴァイに通ってリア充を目指すのか。

ご案内のとおりファルマチスタは活動休止しますが、明日から異国のパルピタンテとして活動を続けていくそうです。
物販でメンバーと話したけれど、最近は相当な時間をかけてメンバーみんなで話し合い、今回の決断をしたとのこと。
正直、ゆん以外は何も考えてないのかと思っていたけど、彼女たちが自分たちの意思で決めた道であれば、それに賭ける想いは今まで以上に強いだろうと思います。メンバーの日々の活動や物販のレギュレーションであったりいろんなものが変わってくると思うので、それがいい結果をもたらすのか悪い結果をもたらすのかはわかりませんが、当面は4人を見守っていこうと思います。


セットリスト
1.無敵素敵シンパシー
2.異国の胸騒ぎ
3.カバー曲メドレー(ミニモニじゃんけんぴょん以外わかりませんでした。。。)
4.サンキュー
5.異国のイノセンス
6.異国のSwing Snow
7.強気弱気のサマーガールズ
8.絶対相対アイドル
9..今日と明日のラストダンス
10.無敵素敵シンパシー
  1. 2016/06/18(土) 11:02:38|
  2. hobby
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャリアのお話

6月はボーナス月であり、昨年の業績が評価される月でもあるので、必然的に自分のキャリアについて考えさせられます。マイナス金利導入以降の金融機関への逆風もあり、今年はあまり期待できない予感。
大体の目線感の予想はついているので、それを見ると同じ業種で去年の自分の成績ならばいくら貰えるのだろうと溜息しかでません。そこは、Pay for performanceという建前はありますが、日系金融機関なので致し方ないところ。
去年は自分のノルマを200%超以上達成したのですけれどね(涙目)

待遇には不満たらたらですが、リーマンショック後の冬の時代に採用してくれて育ててくれた会社ですし、恩義はあるので当面転職する予定はありません。中間層の層が薄いというのもありますが、若手が取り組める仕事の範囲は広いですし。何より、数字さえ上げれば、有給休暇や振替休暇の消化や時間単位休暇の消化に文句を言わず、待遇と趣味に使える時間のバランスという点で恵まれている職場はないかもしれません。
赤い銀行とか行っていればもっと合コンでも持てただろうにとは思いますが、競争厳しいでしょうし、生誕だからと仕事休んだらクビになっていると思います。
仕事を抜けてライブを優先する私は、周囲からどんな眼で見られているのかわかりませんが(笑)

オタクとしてやり残したことはあるので、当面はオタ卒する予定はないですが、何かの間違いで守らないといけない人ができたら、仕事のやりがいと待遇を求めて本格的に検討するかもしれません。

これだけ企業の資金調達手段が多様化したり、融資の判断をAIがするという話が出たりと、銀行のメイン業務であった与信のお仕事はいずれ衰退していくのだろうと思います。金融グループのあり方が変わってくるというのは、しがらみのない独立系で働いている上ではチャンスだと思うし、今後10年の社会人としての過ごし方が重要。一度はシティかニューヨークで働きたいという思いはあり。

今中心となっている仕事もやりがいだけはあるし、自分の強みとして認識しているハコモノへの知識を伸ばして生きたいので、マイナー資格ですがその領域での勉強を進めていこうと思います。
  1. 2016/06/13(月) 10:56:13|
  2. other
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイエット状況


6/10時点で70.70kgなのでいよいよ60kg台が見えてきました。
体重が減って鑑の前で自分の身体を見るのが苦痛ではなくなってくると、食事制限自体が苦痛じゃなくなってきます。
以前であれば、コンビニへ行けばジャンクフードや弁当コーナーの商品棚に目が行ったものですが、今はサラダか蒸留酒(ウイスキー、ハイボール、焼酎)くらいしか買いません。
炭水化物は大幅に制限してはいますが、流石にゼロは厳しいので、ローソンで買ったブランパンを時々食べています。炭水化物がないと脳の回転が鈍るとか、イライラして集中できなくなるとか言われていますが、現状一切そんな感じはしません。
朝食はバターコーヒーだけで、14時くらいまでは頭が冴えているという感覚はあるし、日常生活においても世界が今までよりクリアーに見えるというか、感覚が研ぎ澄まされていくのを感じる日々です。
唯一欠点としては筋肉が落ちてきているのと、筋トレ後の筋肉痛が抜けるのに時間がかかるので、鶏肉300gとプロテインでカバーしようと試みていますが、中々激しいトレーニングも困難な状況。アミノ酸サプリを導入するか、トレーニングの仕方を変えるか、食事制限との両立を考えていかないといけないと思います。

  1. 2016/06/12(日) 10:46:35|
  2. other
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。